HGUC 機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機”EXAM” 1/144スケール

どうもTCGです!

本日の投稿は、HGUC 機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルー ブルーディスティニー1号機”EXAM” 1/144スケールのガンプラ投稿になります。

ガンプラBOXのイラストは、「めっちゃ欲しい!!」とガンダム好きを誘惑する力があります。

イラストレーターさんのレベル高すぎです。

セガサターンででていた、機動戦士ガンダム外伝戦慄のブルーのブルーディスティニー1号機がEXAMバージョンで出ていたので購入しました。

パイロットは、連邦軍のユウ・カジマ。

後付けで、逆襲のシャアでジェガンに搭乗している描写があります。

ジージェネレーションのゲームで、「EXAM」を使用すると「EXAMシステム、スタンバイ」のボイスが頭のなかで聞こえてきますね~笑


BOXのサイドはこんな感じ。

説明書

何でも今回は、EXAMシステム起動中のメインカメラは選択式で再現できゲーム版の頭部の他、KADOKAWA「月刊ガンダムエース」で連載中の『ザ・ブルー・ディスティニー』版を再現できる頭部も付属があり、どちらもEXAM発動バージョンに選択式で再現可能と表記が!!

これは、凄いね!!

この商品は、2017/6/6に発売していたので、約1年前か。

ランナーの一部を撮影。

ここから組み立て画像です。

ますは、ボディ。

腰。

両腕。

両足。

頭部。

頭部を組み立てて分かったのが、ゲーム版と漫画版の頭部が1個ずつしかないことが判明!

どちらかを通常モード、EXAMシステム起動中を選ばないといけない!
マジかよ~。

悩んだ末、TCGは、ゲーム版をEXAMシステム、漫画版を通常モードにしました。

漫画版の頭部は、パトレイバーみたいだわ。笑



それぞれのパーツをくみ上げ。

EXAMシステムバージョン

両足、バックパック、両肩のスラスターを展開できますよ。

これで、LEDとエフェクトがあれば文句ないな~。

パッケージに格闘戦しかける画像あったので再現。

ビームサーベルで仕掛けるブルーディスティニー1号機。

二刀流。



次は、パトレイバーに似てる通常モードで。

100mmマシンガンを装備。

こんな動きもあったに違いない・・・

これもあったに違いない・・・

最後は、仲良く。
陸戦型ガンダムと「はい、チーズ★」

ガンプラは、作るのも楽しいし、色々なポーズを撮影するのは楽しいですね。

これからも、マイペースでガンプラ制作やっていきます。
積みプラが沢山あるのである程度完成したら、専用のケースを購入して飾ります。

最後まで読んで頂きありがとうございました。