甲子園1回戦、済美5ー4中央学院、大谷翔平の再来、大谷拓海選手の二刀流見たかった。

どうもTCGです!

8月5日第2試合の済美VS中央学院がありました。

両高校のスターティングメンバーはこちら。

済美(愛媛)

1 二 矢野 功一郎 背番4 3年
2 遊 中井 雄也    6 3年
3 捕 芦谷 泰雅    2 2年
4 三 池内 優一    5 3年
5 一 伊藤 駿吾    3 3年
6 投 山口 直哉    1 3年
7 左 山田 響     14 1年
8 右 近藤 海楓    9 3年
9 中 政吉 完哉    8 3年

中央学院(西千葉)

1 中 宇田 周平 背番8  3年
2 遊 平野 翔    6  3年
3 一 青木 優吾   9  1年
4 右 大谷 拓海   1  3年
5 捕 池田 翔    2  3年
6 左 田中 大暉   7  3年
7 投 西村 陸    10  3年
8 二 手塚 歩夢   4  2年
9 三 長沼 航    5  2年

ここで注目選手は、中央学院の大谷拓海選手です。

プロ注目の選手で打つ、投げるの二刀流の大谷拓海選手。

大谷翔平選手の再来とTCGが勝手に言ってます。笑

140キロの直球と、打者として高校通算33本の本塁打と好成績。

しかし、5月の練習試合で打球が右側に直撃し、頭蓋骨骨折、軽度の外傷性くも膜下出血、脳挫傷となりました。

静養しながら、西千葉大会の4回戦で復活をしました。

今回の試合では、4番、右翼で出場し、初回、左犠飛で2点目を挙げましたが、安打は無し。

投手姿は見れませんでしたが、打者としての姿が見れたのでTCG個人は良かったと思っています。

プロ志望届を出すとコメントがあったので、ぜひ挑戦してほしいです。

今大会で二刀流を捨てるのは残念ですが、秋ドラフト会議では指名を入れる球団が必ずでるでしょう。

5-4・・・・かなり惜しい試合でした。

試合時間 2時間1分

観客動員数 36000人




甲子園、1回戦 星稜(石川) vs. 藤蔭(大分)星稜2年生エース奥川

どうもTCGです!

2018年8月5日、ついに夏の甲子園が始まりました!

松井秀喜さんの始球式で観戦している方たちの心を掴んで第一回戦が始まりました。

第1一回戦は、1回戦 星稜(石川) vs. 藤蔭(大分)

最初の一回戦は、緊張しますね~、TCGは剣道と、バスケットボールをやっていましたが一回戦で戦うのはイヤでした。

この試合で星稜のエース、奥川 恭伸投手が最速150キロを出しました。

150キロをだしたのは、8回の6点リードの時。

8回を投げて8安打4失点でしたが前評判通り、潜在能力の高さを示しました。

そうそう、9回から登板した星稜1年生・寺西が9回に登板。

そこで、143キロを叩きだました。

投球数は9球。

一邪飛、二飛、遊ゴロと相手を押さえました。

大舞台の、しかも9回、1イニングをしっかりと抑え山瀬捕手とタッチを交わしました。

将来が楽しみな選手です。

藤蔭は4番奥園が3安打と終盤に反撃しましたが、及びませんでした。

序盤3回で3点と4、6回にも下位打線がつながり加点されたのが痛かった。

甲子園第一回戦だったので視聴率、観客動員数は多かったです。

9-4の結果でしたが、甲子園の始まりのよいアツい試合となりました。

試合時間 1時間59分

観客動員数 42000人

★藤蔭(大分)選手

1 左 橋本 和真 背番7 3年
2 中 内田 彪吾   8 3年
3 一 御手洗 孝紀   3 3年
4 右 奥園 颯   9 3年
5 捕 堀田 将吾 2 3年
6 三 武井 政晶 5 3年
7 遊 朝倉 康平 6 2年
8 二 神田 星斗 4 3年
9 投 吉村 紘輝 10 3年

★星稜(石川)選手

1 左 東海林 航介 背番7 2年
2 一 河井 陽紀    3 3年
3 遊 内山 壮真    6 1年
4 三 南保 良太郎   5 3年
5 右 竹谷 理央    9 3年
6 投 奥川 恭伸    1 2年
7 中 鯰田 啓介    8 3年
8 捕 山瀬 慎之助   2 2年
9 二 山本 伊織    4 2年