「コンビニ支払い」をする客に声を掛けると・・・

どうもTCGです!

あなたは、コンビニ支払いをしたことがありますか?

ネットショッピングの支払い、高速バスの支払い、など色々とコンビニで支払ができます。

近くのコンビニで決済できるのでとても便利ですが、このような事件も起こります。



店長が「ちょっと待って!」

と大きな声が店内に響きます。

コンビニ支払いの手続きをしていた一人のお客様。

店長は、異変に気づき声を掛けたのです。

2万円、5万円と小分けにして17万円分、コンビニ支払いをしようとしていました。

店長が小分けにした理由を尋ねると、このような答えが返ってきました。

お客様
「スマホのネットマネーでたまっていたものを支払わないといけないので・・・」

理由を聞いてもはぐらかされました。

店長は「これは詐欺ではないか?」

と感じた店長は、問い合わせ先に電話をしてもらい相手担当者と直接話をします。

すると・・・

支払っていただけないのでしたら裁判になります。

店長が何をきいても裁判になりますの一点張り。

詐欺と確信した店長は証明するものがなければ警察に連絡すると告げると電話は切れました。

TCGも、コンビニバイトの経験者ですが、一度だけ同じことがありました。

その方は、70代の女性でコンビニ決済の仕方がわかないということで一緒に手続きをしていたのですが、何回も小分けにしてたので、

TCG「あれ?これおかしくね?」って疑問に思い支払いの理由を訪ねると、ケータイのネット利用の支払いがされていないからAmazonギフトで支払いしてくれと電話があったそうです。

TCG「それ詐欺ですやん!?」と思わず、ツッコミを入れてしまいました。

当時は、Amazonギフトで支払え詐欺が結構あったのでコンビニの方で注意喚起があったので、70代の女性は難を逃れました。

現在は、詐欺が多様化しているのでコンビニに働いている人、ネットを利用している人は意識をしていきましょう。