ジャパンビバレッジのクイズで有休を決める低レベルすぎるブラック企業。

どうもTCGです!

今回の記事でブラック企業その7回目を迎えました。

TCGは既に怒りのボルテージがMAX、いつでも超必殺技が出せるコンディションです。

←→↑↓→+弱P+強P+弱K+強K同時押しで超必殺技がだせます。

本日の投稿は、すでにニュースでもシェアされていますが、自販機大手メーカーのジャパンビバレッジの支店長が有休休暇をクイズにして正解すれば有休がとれるという何とも低レベルなニュースが拡散されています。

2016年5月、支店長がクイズをメールで、「全問正解で有休チャンス、不正回答は永久追放します。まずは降格」

と文面があったそうです。

TCG「まずは、支店長くん、君が降格あるいはリストラだよ」

クイズの結果ですが、全員が不正解で支部長くんのコメントがこれ。

「残念ながら全員がはずれでした。よかった、よかった」という呆れたコメント。

支店長くんは、労働基準法の法律の知識はあるのでしょうか?

ジャパンビバレッジの就業規程はちゃんと読んだのかな?

圧倒的に知識不足。

ここまで情報が流れているので支店長くんの素性を調べる人たちが既に沢山いるでしょう。

ネットはこれがあるから恐ろしい。

家族や住んでいる場所まで特定されますから。

有休を取り消しされた、従業員側が会社に説明を求めますが現在ジャパンビバレッジが事実関係を調査中と回答。

支店長くんの処分は行われていないようです。

この動画を見てほしい。

この動画にもあるように、ジャパンビバレッジは残業代の不払い、長時間労働を労基から4回勧告を受けています。

尚、4度目は異例だそうです。

ブラック企業の特徴だけど、支店長くんも悪いが一番悪いのは経営者。

自分の会社で働いている人がアホなことするのは経営者の責任。

ネットが扱えないから恐ろしさを知らない。

ブラック企業ユニオンとクイズで有休をなくした従業員4人、ジャパンビバレッジ側で団体交渉がありましたが、肝心の支店長くんは不在。

いや逃げた。

エヴァンゲリオン初号機のパイロット、碇シンジを見習え。

情けない。

ヘタレめ。

その後は、事実確認を会社側ですると一点張り。

これは、記者会見を開くレベルまで来ています。

今年のブラック企業大賞は、ジャパンビバレッジも候補に上がりましたね。

「有休チャーーーーーーーーーンス!!」の企画を考えた君。

支店長くん、君はリストラチャーーーーーーーーーンスのフラグを自分で立ててしまったのだよ。

君の人生のクイズはこれから始まる。

2018年8月20日更新。
ジャパンビバレッジから新たな発表がありました。

記事はこちら。
ジャパンビバレッジ、支店長くんの処分が決定!有休クイズの事実認める。記者会見はいつ?